fc2ブログ

dullaz view

dullaz view

NEW SUMMER

毎年リリースを続けるDJ TEE-$HORTによる夏のお便り”NIGHT&BAYvol.14”が今夏も発売決しております!
今年の夏を彩るベイな新譜がパンパンに突っ込まれた必携の一枚

電気代もガソリン代も高騰する昨今、自宅でプレイすると温度湿度ともにマイナスへ。カーステにぶちこめばマイカーはご機嫌な走りをみせ燃費アップ。そんな気分にさせる究極の一枚

そしてもう一枚、MASS-HOLEによる”raicyo tape”は飛翔する雷鳥をイメージしたというなんだか仰々しいミックス。
聞けばMASS-HOLEが夏仕様と言及するとうり、涼しげな風が吹き抜け、徐々に熱を帯びるリドゥムとどろく雷鳴をかわし、
湿った雲間を抜け、ミックスが終わるころには雷鳥とともに太陽直下の天空を飛翔するかのような至高の一枚

SHA-PENによるraicyoのJKTはマジで狂ってて最高!
FASTRIVER氏のマスタリングも涼しさを三割増しに仕上げてくれてます

WRONG JAW氏によるレヴューは安定の文章でNIGHT&BAYの発売に毎年花をそえてくれと
ります
どちらも最寄りの店舗で是非ともゲットしてみてください!
midnightmealDELIでは今夏限定、ひさびさに”TEE-shirts”をリリースいたしました
絶妙なピンク色をプリントしたこちらも夏仕様な一枚
他にもいろんなT-SHIRTSが販売されているのでお好きな一枚を見つけてください
https://midnightmeal.stores.jp/

ではみなっさんよき夏を!

[ raicyo tape ]
raicyo-jkt-kari.jpg

title : raicyo tape
artist : MASS-HOLE
cat.NO. : MNMCD-74
price : 1400yen(TAX IN)
release :2023年7月26日発売
地元「wintown (松本)」 を根城にし、Kingpinz, 1982s, Four Horsemen, Brother Grim Leagueのteamに在籍し、
rap, beatmake, dj、そして去年10月には待望のshop「DA POINT 117」をopenし、様々なattitudeにてヒップホップを体現し続けるmass-hole。
そんな彼の1年ぶりとなるmixcd最新作が「MIDNIGHTMEAL RECORDS」から発売決定!

その名も「raicyo tape」!

新旧問わないdance classicsやdisco、talkbox等の歌モノからnature、dave east、
ghostface killahといったrap、そしてdam funk、shawn j periodのbeatモノを流れるように繋いだ展開。

本人曰く、「天翔する雷鳥」をイメージした今作の最大の魅力はどんなシチュエーションにも対応する氏の柔軟なDJプレイと
「B-BOYはどんな遊びでもHIPHOP」になるというタイムレスなセンスが相まり、季節や場所を凌駕するプレイリストであるということ。

masteringには長野を拠点に活動するfastriver。
そしてartworkにはsha-penが担当。

さぁ、これを聞いて週末のPARTYにピッチを合わせようぜ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



[ NIGHT & BAY vol.14 ]
nb14-jkt.jpg

title : NIGHT & BAY vol.14
artist : TEE-$HORT
cat.NO. : MNMCD-75
price : 1400yen(TAX IN)
release :2023年7月26日発売

気が付けば今年ももう半年を切っている。予定していたことが何も出来ていない。
庭の手入れだったり、役所の手続きだったり、どれも他愛も無いことばかりではあるが億劫でやっていない。自分が悪いのだが何となく自己嫌悪になり、もやもやしていた。

だが今日ポストに入っていた包みを見つけた瞬間、私の浮かない気持ちはすぐに吹き飛んだ。

OAK-TOWNの消印を見て、TEE-$HORTからの夏の知らせだと瞬時に悟ったからだ。
このmixで私の夏は始まる。

今回は乗っけからSummer Mellow Bombがsmoothにmixされつつ、徐々にテンションを上げてくるという、貫禄すら漂う盤石のDJingが展開され、極上の時間が流れる。
Patrice Rushen "Where there is love"ネタに乗るBlack Cの燻し銀のflowでTempertureもRisingしコロナが進む。
あっという間に聴き終えてしまった。

もう一度聴こうと再生ボタンを押そうとした瞬間、昨日彼女が最後に言ったセリフをふと思い出す。
その時はその意味が分からなかったのだが、全てを理解し、すぐに電話を取った。

「昨日はごめん。伝えたいことがあるからこれから会えないかな?」

夕陽が沈んでゆくビーチを眺める。
オレンジ色に染まった雲が私に向かって微笑んでいるように見えた。
桟橋ではカモメが2羽、寄り添って留まっていた。

EVENING GLOW, BREATHTAKING, SEAGULL, NIGHT and BAY...。

ーTIRON "WRONG JAW" SCHWARTZ


  1. 2023/08/06(日) 17:30:36|
  2. mid night infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DA POINT 117 ANNIVERSARY | ホーム | THE DEADLY 93>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://midnightmeal.blog46.fc2.com/tb.php/1139-1ed56710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bugdat&daiche

Author:bugdat&daiche
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる