dullaz view

dullaz view

35CHAMBERS-二十房-

おひさの35CHAMBERS

まだ二十房じゃが、
結構がんばっとるとおもう
しかし、先は長い
今までは、勢いでいけたところもあったが、
これからは少しスローダウンしていく予定

これまでに何万本もの映画がリリースされとるし、
これからもどんどん増えるじゃろう

古いのばっかり紹介しとって、
ただの懐古主義者のように思われるかも知れんが、
ちゃんと観てますよ
じゃが、ここのところ全部はずれとる

ええのあったら教えてつかあさい

ほんで
今回のは古いぞ~

これ

『北北西に進路を取れ』(原題:North by Northwest)1959年製作
監督 - アルフレッド・ヒッチコック

00003-1219895553.jpg

----------------------------------------
広告会社を経営するロジャー・ソーンヒル(ケーリー・グラント)は、ふとした偶然と勘違いの交錯で「ジョージ・キャプラン」という人物に間違えられ、謎の男達に郊外の邸宅へ連れ去られる。そこで彼を待っていたのは、タウンゼントと名乗る紳士(ジェームズ・メイソン)だった。タウンゼントは、ロジャーにある仕事の依頼をするが、当のロジャーは何のことかさっぱり分からない。すると、これを仕事を拒否したと受け取ったタウンゼントは、ロジャーを泥酔させて車の運転をさせ、事故に見せかけて殺そうとする。九死に一生を得るロジャー。だが、これは彼の苦難のほんの序章に過ぎなかった。キャプランとは誰なのか。タウンゼントの目的は。常に生命の危機に晒されながらも、真相を探るため、全米を股にかけた彼の冒険が始まる。
wikipediaより抜粋
----------------------------------




親父のお墨付き

巨匠アルフレッド・ヒッチコックの名作
これぞサスペンスという内容

場面場面は
吉本新喜劇ばりに
ベタ

酒飲まされて眠らされたり、
崖から落ちそうなところを足踏まれたり

ステレオタイプな場面のオンパレード

しか~し
ここが始まり
この映画が研究や引用をされて
のちのサスペンス映画が作られとる

とにかくベタのオンパレードだから
間違いがないということ
ド定番

古い映画なんで
カーチェイスのシーンなんかは
興ざめする人もおるかもしれん
でもそれは近年のCGだらけの映画にもいえるじゃろう

展開も早く、
ストーリーも先がわからんので、
終わりまで観てしまうのが
サスペンスの醍醐味

この映画はまさにそれ

やっぱ面白い映画は
最後まで飽きさせんのが魅力であり
基本じゃろう

最近のサスペンス映画は
結構、殺伐としとるのが多い気がする

主演のケーリー・グラントは
どんな目にあっても、
飄々としとるし、悩まない
観ればわかる思うが、悩む暇がないんかもしれん

事件に巻き込まれて命も狙われとるのに
平気で出歩くし、女も口説く

面白いやつ

50年経った今でも
なかなかこれより面白いサスペンス映画はないじゃろう


ヒッチコックはどれも間違い無さそうなので
いずれ特集をしたいところ

この映画にもヒッチコックはこっそり出演しとる

探してみるのもええかも
最初のほうね



暇でしたら是非、





それでは


good night



daichi





  1. 2009/09/08(火) 22:12:54|
  2. 営業妨害>Bugdat Cafe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶつけ合う一夜 | ホーム | DJは期待を裏切らない >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://midnightmeal.blog46.fc2.com/tb.php/353-fd9eaf3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bugdat&daiche

Author:bugdat&daiche
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる