dullaz view

dullaz view

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

education 2

ワールドカップまで一週間をきっとる
MEDIAがいうほどまわりでは盛り上がってないのもしょうがない
日本代表に興味がなければワールドカップにも興味を抱けないような
報道をしとるからだ

前回、ワールドカップの魅力を多角的に紹介すると言っておきながら
名前をいじっただけで終わっていたので
駆け込みで
サッカーバカ(悪い意味で)MASS-HOLE
でもわかるサッカーのいろいろな魅力を
また少しではあるが紹介していこうと思う

■ユニフォーム
最近のユニフォームは各国ともにシンプルになってきて
デザイン的にはそんな面白いものはない、
最近のユニフォームはつかませにくく、そしてつかまれた時に
わかりやすいようにピタッとしたユニフォームが主流
シンプルな分、
素材や形などのテクノロジーは進化していっとる

俺が注目するのは各選手の着こなし
見るとそれぞれ特徴がある

着こなし的には常に半そでの選手や常に長袖の選手、
中学時代はシャツを出すと顧問に怒られたもんだが
常にシャツだしの選手はいまやあたりまえ
プラティニがパイオニア
4939961.jpg

長袖をまくる選手はおるが、キャプテン翼の日向くんのように
半そでをまくっとる選手は見かけんので
これはなかなか目立てるかと思う
日韓の時、カメルーンがノースリーブを着とったように思うが
ワールドカップでは袖にマークをつけるため
FIFAの承認が降りず、日韓ではとってつけたような
ノースリーブ風だったらしい
8EB68ED28ED98EB08EDD02PUMAWCCED0C0D6B2AB.jpg

ちゃんとノースリーブモデルもある
ダウンロード (2)
カメルーンはワンピースユニフォームもあったらしい
PUMAはまた冒険したユニフォームを出して欲しい

あとはソックスをニーハイにしたり、
よく、すね当てがくっついとるね
というように下に下げとる選手もおる
ウルグアイ代表のカセレスはダボパン、腰履き、ニーハイという合わせ技
martin caceres2

■スパイク
どの選手がどこのスパイクを選んどるか見てみても楽しい
ほとんどがナイキ、アディダス、次いでプーマという感じだが
本田はミズノ
遠藤はアンブロ
というように変わったブランドをはいとる選手もおる

アフリカ勢にユニフォーム、スパイクともにプーマ着用が多いのは
当時スポーツシューズ市場を席巻していたアディダスを出し抜いて
兄のブランド、プーマがあの”はだしのアベベ”にシューズを履かせてから
アフリカとパイプを持った
という話を聞いたこともある

スピードの速い選手は
軽量モデル
テクニックのある選手は
いぼいぼのついたようなスパイクを履いたり
それぞれ違う
最近のスパイクは色もデザインも機能もすごいことになっとる
ダウンロード (3)
images (2)
images_20140610005921eb3.jpg


過去にadidasから出たこれは反則と思う。
9132cf87.jpg

今回NIKEが最新のスパイクをお披露目しとった
先月発売したばかりのスパイク”マジスタ”
ダウンロード

スパイクでは革新的なブーツ型
ナイキの最新技術、フライニットを採用
スニーカーでも採用されとるので
技術に関しては巷のスニーカー好きB-BOYのほうが詳しいと思うが
ニットで折られたスパイクということで
靴下と近い感じか

とにかく軽量、フィット性の向上
ボールをより素足感覚で扱え、
表面がざらざらしとるのでボールに対するグリップ性も優れる

今大会から着用選手も大幅に増えるスパイクなんで
注目してみては

アディダスも今年中に発売予定のニットの靴下型スパイクがあるらしいが
パクッたんじゃないか?
news_134147_1_20140610010415ef1.jpg


■ボール
今回の大会公式球は革新的なボールが使われとる
有名なというか一般的な白と黒、五角形と六角形の20面体のボール
を開発したのはadidasだが
309_20140610010611f37.jpg

今回の公式球”ブラズーカ”もadidasで
デザインはなかなかかっこええ
ダウンロード (1)

すごいのがこのボール、なんと六面体

パーツの数が少ないことと縫わずに貼り付ける技術をつかうことで
空気抵抗が少なくなる
今までも前回大会のボールが八面体と徐々に数が少なくなってはきとるが
このボールがすごいのは六面対すべてが同じ形のパーツからできとるということで
安定性もアップしとる

■国歌
国それぞれのナショナリズムや
選手、サポーターそれぞれの考え
文化的背景が垣間見れる瞬間である

たとえば多民族国家の場合は国歌に歌詞、
つまり歌がない国がある
スペインなどがそう、言語がひとつではないからだ

宗教的な理由で国歌斉唱のときに口も動かさない選手もおる
ドイツなんかは全員クソ歌うイメージがあったが、
移民系の選手が台頭してきて、
愛国心の強いドイツ人から歌わん選手に批判があがっとるらしい
日本でも同じ状況になればそうなりそう
どうでもいい話じゃが
そういう部分も見ていて楽しめる

最近のブラジルがすごいらしい
伴奏が終わってもうたっとる
気合はいっとる

■サポーター
高校野球なんかでも客席の美少女が話題にあがるが、
ワールドカップは各国の美女が大集合するということで
そちらも毎回、注目されとる
開催地は南米ブラジルってことで
ラテン気質の美女たちのチチ出しも多めになることと思う
プレーと合わせて目がはなせん

日本の女子サポーターもどうせならこのくらい盛り上がって欲しい
B,C,E,D・・・Wcup!


それでは
goodnight



  1. 2014/06/10(火) 02:52:18|
  2. 営業妨害>Bugdat Cafe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<STONES' EYE | ホーム | EVERY AND TIE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://midnightmeal.blog46.fc2.com/tb.php/895-be7705bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bugdat&daiche

Author:bugdat&daiche
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。