FC2ブログ

dullaz view

dullaz view

”FOUR HEAVENLY KINGS”発売記念①KILLIN'Gインタヴュー -KINGPINZ篇-

先月、4月4日に弊社より発売したFOUR HORSEMENのアルバム”FOUR HEAVENLY KINGS”発売記念インタヴュー
本日より、4回に分けて、インタヴューをアップしていきます。

近日、他メディア、雑誌媒体にて様々、インタヴューが公開される予定です。
そちらではやはり、親方MASS-HOLEがメインでしゃべってますので、
こちらではまず、相方KILLIN'G(VILLEGE O.G)のインタヴューを二回に分けて公開。
昨年、KINGPINZの話を中心にインタヴューした第一弾を公開
そして、FOUR HORSEMENの話を中心に再度インタヴューした第二弾を近日公開します。
この日はKINGPINZのライヴ前ということでDJ SIN-NO-SKEが同席
あとからMASS-HOLEも合流し、ワイワイやりました。
HIPHOPとの出会い、MASS-HOLEとの出会い、地元のシーンなど、
興味深い話が聞けたと思っております。

”FOUR HEAVENLY KINGS”発売記念①KILLIN'Gインタヴュー -KINGPINZ篇-


MASS-HOLEとプール、「ヤベ~」みたいな。
KILLIN'G


※本文は無断転載を一切、禁じます。

Q.=インタヴュアー
K.=KILLIN'G
S.=DJ SIN-NO-SKE
M.=MASS-HOLE


Q.RAPをはじめたのは何歳頃ですか?きっかけは?

K.16歳からです。高1ですね。地元にBUGDADinc.ていうクルーがいて。

Q.バグダット!?それって松川村で?(MEDULLAのMC、BUGDATは長野県松川村出身)

K.いや。大町ってところで、おれはもともと大町てとこで。結構、大所帯のクルーがいて。

Q.BUGDATとは関係ない?

K.関係ないっす。結構、上の人たちで今、40代くらいになってると思います。高校の同級生がBUGDADinc.のMCのひとりの家の隣で、ライブ見に行って食らって。

Q.小さい頃は何を聞いてた?

K.ヒップホップはそんなに聞いてないですね。中学の頃、スケボーやってる頃は聞いてましたけど。

S.キリンさんは俺と同じですよ。おれもヒップホップ聞くまではそんなに音楽聞いてなくて、ヒップホップですげー食らって。

Q.お兄ちゃんがいたとか?

K.妹だけですね。上欲しかったですけどね。でも、小学校の時に友達の姉ちゃんがNAS貸してくれたんすよ。
それ聞いたときに、全然わかんないすけど、かっこいいじゃんって。印象にあるっすね。

Q.何年生まれ?

K.85年です。

Q.友達の姉ちゃんは?

K.四つ上でしたね。

Q.てことは81年だね。渋いね。そのNAS聞くねーちゃん。

K.そのねーちゃん、不良で。

Q.「re.DO」(麒麟示のファーストアルバム)の前に何枚か出してるよね?

K.二枚ですね。

Q.最初に出した音源は何歳くらいの時?
23か4の時ソロで出しました。ずっとクルーで活動してて、最終的に4人でやってました。25才くらいまで。

S.COMMANDOですよね?

K.COMMANDO。最初、すげーいたんすよ。10数名とか。知らない奴も。

S.松川の人間だけで?

K.安曇野だね。松本とか他の地域のやつもいたかも。

Q.ライヴはどこでやってた?

K.安曇野にあったんすよ。”コロンビア”っていうクラブで。

Q.名前やばいね。

K.そこがホームみたいな。毎週やってましたよ。MAX週8くらいでライヴやってました。

S.結構、デカい箱っすよね。

Q.十数人で週八でやってた?

K.多かったのは最初だけですね。コロンビアでやりはじめたのは二十歳くらいなんで、その頃はもう4人になってました。

Q.ほかのみんなはどこに?

K.他にやりたい事見つけたり、道を外すっていうか、大人の不良になって飛んだり、都会に憧れたり。

Q.高校出て、みんなバラバラに?

K.高校はやめちゃったんで、大体みんなやめて、高校行ってない奴らばっかで。東京でたいやつとか、金稼ぎたいやつとか。

Q.その十数人のメンツはヒップホップでつながったの?

K.ヒップホップというか、ツレみたいな。

Q.MCは何人いたの?

K.結構いたすね。女もいたすよ、女ラッパー。いまラップやってるの俺ひとりですけど。連絡も取れないすね。

Q.連絡とってない?

K.何人かはしますけど。

Q.松本にライヴ見にきたりは?

K.ほとんど来ないっすね。みんな家庭あったりとか。来てくれるやつもいますけど、地元のやつで仲いい奴全然いないっすよ。

Q.近くに住んでるでしょ。スーパーで偶然あったりとか。

K.そうでもないっす。フッドに友達いないすよ。先輩とかは遊びますけど。

Q.コマンドーはみんなばらばらになったの?

K.バラバラです。でも、ひとりは今も一緒に仕事してますけど。もう全然ラップとかはやってないすけど。

Q.MASS-HOLEとはどういうきっかけで知り会った?

K.安曇野と松本、近いんすよ。松本のハコにもライブやりに行ったりしてて、25くらいの時にコロンビアなくなったんすよ。
やるとこがなくて、それでコロンビアのつながりとかで誘ってもらって、松本でライヴした時にMASSさん見ててくれて、話しかけてくれて、次の日、一緒にプール行ったっす。

Q.ライヴのあと、「明日、プール行こう」って話しかけてきたの?

K.マジそんな感じっす。

Q.あやしいね。

-ここでMASS-HOLE登場-

Q.なんでGに声かけたの?

M.その前にmarifaてラッパーが無料デモ配ってて、それでGがフューチャリングで入ってて、華あるな~って。

S.あ~、MASSさん言ってましたね。このラッパーやばいって。

M.Alexでライブあるってケンゴとかと見に行ったんすよね。プール行くってのは決まってたんで。ごんちゃんと三人でプール行きました。

Q.松川と松本は離れてるよね。それでライヴ終わって、朝帰って、また松本にプール入りに行ったの?

K.確か、そうっすね。

M.一回話したらなんとなくわかるじゃないすか、ノリ会うな~って。

K.あの日のプール、ヤバかったすよね。めちゃ焼けて。

Q.MASSと最初会った時の印象は?

K.知ってたんで、音源も聞いてたんで、デビパイも何回か行ってたし、その時は気合入ったっすよ。
MASS-HOLEとプール、ヤベ~みたいな。

M.もういいっすよそういうの。

Q.ちょっと、あっち行っといてくれる?カウンターのほうで耳ダンボにしといてよ。

M.なんでですか!そのあと、GからCDもらったんすよ。自主でやってるやつ。その時に絶対俺のほうが生かせるなって。
それで「PAREDE」の”ICE”に誘って

Q.そういえば"K.I.N.G.P.I.N."(PAREDE収録曲)じゃないもんね?"K.I.N.G.P.I.N."はソロ曲だっけ?

M.そうですね。みんなにシャウトを送るっていう曲で。

Q.アメコミの”kingpin”からきてる?

M.それもありますし、ボーリングの一番落としどころが難しいピンですね。それをはじけば全部倒れるっていう。

Q.手前のピンの後ろよね。巻いて入っていく感じで。KINGPINZのジャケットのあの車は健在?

K.家庭の事情で車検出せてないっすけど、所持はしてるっす。先輩の車庫借りて置いてあるっすね。

Q.なんであの車になったの?

K.あんまり当時車に興味なくて、レガシーとか乗ってたんすけど、もう一生、車で悩みたくねーなって、
本当にかっこいいのにしようと思って、探してあれにしたっす。ハードトップだし。

Q.あれは何年式?

K.76年ですね。

M.そういうとっぽさをGに感じたんですよね。”とっぽい”って方言ですか?

Q.ちがうでしょ。

K.あれ、かっこいじゃないですか。

Q.かっこいいね。なんていう車種になるの?

K.セドリック331です。330ともいうんですけど、331と330ってほとんど同じ形で75年あたりは330、76年から331ですね。多分。
古いから単純なんですかね?たまにエンジンかけに行くんすけど、一発でかかります。

S.エンジン音とかまじでかっこいい。

Q.セドリックは当時、高いよね?

K.あれはほんと不良しか乗れないみたいな、変なやつが乗ってたら速攻ぶっ壊されるみたいな感じだったらしいです。

Q.よくきれいに乗ってるよね。

K.近くで見るとやばいっす。ボロボロっす。

M.売ると高いんでしょ?

Q.とっといたほうがいいよ。

K.結婚した時、売ろうと思ったんですけど、車屋に持って行ったら、財産になるから今じゃないよって言われて、
みんな壊されちゃって球数少ないみたいなんで。

Q.”麒麟示”というネーミングはいつから?

K.昔、”NASTY”っていう名前でした。

Q.麒麟児ってすごい意味だよね?字は違うけど、快男児みたいな。神童みたいな。

K.生まれながらの天才って意味で。

M.PRODIGYもそうっすよ。キリンジと同じ意味で。

K.キリンのタトゥーはいってるんすよ。それまであんまり人に見せられる様な人生じゃなかったんで、
キリンって世界で一番優しい生き物らしいんすよ。生きてる草すらも踏まないみたいな。

Q.ちょっかい出したら蹴られるよね?

M.よだれすげーし、舌、紫だし。

Q.角もガラも変だよな。

K.そのキリンじゃないっす。伝説のほうの麒麟です。

S.キリンビールのほうですよ。

K.設定として、生き物は絶対殺さないし、いい時しか現れないっていう。

Q.じゃあはいってるタトゥーは伝説の麒麟てことだね。

S.あっちのキリンはいってたらヤバいっすよ。

M.Gとやるようになって、ヒップホップまた楽しいな~って。ライヴとかGとシンノスケと三人で回るようになって楽しいっすよ。
ノスケと回ってるときはソロだったんで、ストイックモードだったんで。
ノスケからヒップホップを感じたし、GはMOBBDEEPとかの不良がやるヒップホップみたいなのを感じたし、うちらの周りにいないタイプだったんで。


2018年11月某日、中野にて

------------------------

次回はKILLIN'G-FOURHORSEMEN-篇です。
お楽しみに

KINGPINZのインタヴューはこちらでも読めますよ
https://amebreak.jp/interview/5973

KINGPINZ (MASS-HOLE × KILLIN'G) - S/T 2LP
114961044.jpg

HOOD MUSICっていうのはただのHOODの音楽じゃないんだ。橋が繋 げて行くワールドワイドなミュージック。薄 暗いコンクリートの建 物の前の公園、もういかないあの山の上の公園、GOOD MEMORYも BAD MOMENTSもあのテー プが繋いでくれる。冬に会うTHE MAN達と 夏にLADYSとBBQ。HIP HOPはいつだって最高なんだ。誰にも繋がれ て いない俺達は首にはHIP HOPという名のチェーンを付けている。自 分達の街のAUDIO DOPEを売りさばいている 。首を振りながら向かう 先はダチのヤサか女の家、家族の待つHOMEか、あのCLUBやBAR。 パーソナルな事が誰 かの記憶に焼き付かないとラップじゃないなん て、誰かが言ってたな。ならばKINGPINZはHIP HOPそのものだ。

あの冬の町のMASS-HOLEとKILLING'GのRAP。そしてMAC ASS TIGER。トラックはMASS-HOLEのAUDIO DOPEをメ インにしながら も、NYにいるDJ SCRATCH NICE、レジェンドKUT、DLIP RECORDSか らDUSTY HUSKY、SOUTH SIDE よりDJ GQ、DOWN NORTH CAMPから 16FLIP。これはMAN'S MUSIC。大好きな奴らに聴いて欲しいHIP HOP。未だ燃え続けるこのCLASSIC HIP HOP ALBUM。HOODからMAC ASS TIGER, MIYA DA STRAGHTをメンバーに迎えた 0263の黄金時代 を切り開く新ユニット「4HORSEMEN」による新曲を加えたSPECIAL 2LP。

http://ebbtide-records.com/?pid=131709061

  1. 2019/05/12(日) 12:33:16|
  2. dullaz interview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20190405-2

BUSHMIND
KISS WITH YOU

小文字1-e1550112268539

DJ HIGHSCHOOL(FOOTCLUB)
Everybody Needs A Sundae

60ead199ad0a97af86d1.jpeg

DJ SEROW
BLUEMOON

bm-jkt-01.jpg

YODEL&CHANGYUU
HURAMINGOS

138010127.jpg

BUGDAT
FIREFRY

firefly_R.jpg

MASS-HOLE&DJ SIN-NO-SKE
BLOOD&SPORTZ

mnmcd-056_omote_R.jpg
  1. 2019/04/02(火) 23:16:21|
  2. mid night infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20190405-1

ILL-TEE
STAY TRUE. / BOTTLE AFTER BOTTLE

136796134_R.jpg

COVAN
RETECH ON YOU / 457

DzvIutKXQAEQvaX_R.jpg



RYO KOBAYAKAWA
FEED

raw_R.jpg

NEI & Ryo Kobayakawa - Words For Stars
131638896_R.jpg


NEI


FOUR HORSEMEN
4horse-jkt-omote-S-01_R.jpg
  1. 2019/04/02(火) 11:47:52|
  2. mid night infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RELEASE

本日、FOUR HORSEMEN""FOUR HEAVENLY KINGS"
DJ SEROW"BLUEMOON"発売です!
皆さん手に取ってみてください

ホーホースメンのみんな&SEROWリリースおめでとう!

以下、MASS-HOLEのinstagramより転載
(https://www.instagram.com/blacksnow1982/)
--------------------------------------------------



4horse-jkt-omote-S-01.jpg

いよいよ我らがfour horsemenのalbumが3月20日に発売になります。
これは地元の仲間、village o.g,mac ass tiger,miya da straght,そしてsin-no-skeと作ったalbumだ。
どんなalbumか?それはboom goes the cannonな感じだ。
あえて流通に乗せず、midnightmeal recordsから自主で出した理由も聞けばわかると思います。
beatは福岡からGQ&ilo,長野のfastriver,q.s.i,そしてblaq czaと古くからの友人や最近ヤバいと思った地元のメンツを揃えました。
scratchはmedullaからserowや清水中学校繋がりのyosuke,最近パパになったcookieとお馴染みのDJsです。
mix&masteringはkenziとすでに俺のhiphopに必要不可欠なjediです。
そして完璧なartworkと施してくれたjelly君、大地氏まじでありがとうございました。
大地氏に関しては今、midnightmealrecordsの運営にも尽力いたただき、まじで感謝しかありません。
さらにやばい作品作るんで今後もよろしくですー。K-noもill-teeもserowも
いつもありがとー!
なお、トラスムンドで購入するとmac ass tiger,sin-no-skeと参加したtrasmundo radioが付いてきます。
日曜日の夜に収録したんでかなりメロウな内容です。(1部hardですが)笑
酔っぱらっていく過程が見える二枚組です笑
インタビューなども今後、掲載されていくと思うので是非checkよろしく。PVも今、製作中。(soa!) それと、随時ライブを募集してます。
お気軽に
blacksnow1982@gmail.comまで
まずは今週末の長野the venueでのyuksta-illの「defy」tourでのliveに来てくれ。
そして、東京吉祥寺ではmnmとwdsoundsがタッグを組んだ
ILL-TEEのsingle release party「hard pie」にて出演者のリリースを兼ねて盛大に祝いましょう。もちろんfour horsemenも出演します!
次の俺の作品はおそらくbeat albumかと。もう一枚、fourhorsemenの作品を作った後らwdsoundsからのソロep or albumの製作にはいります!

word is bond
楽しめよ❄️❄️❄️❄️
#wintown
#hiphop
#0263
#026
#fourhorsemen
  1. 2019/03/20(水) 07:45:32|
  2. mid night infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BLUEMOON

21世紀初頭、プロフェッサーMASS-HOLEにより、
『H.I.P.H.O.P』とプログラミングされた人造人間、
関東平野から南西におよそ900km離れた大陸からやってきた
彼の名は「DJ SEROW」
20xx年、人類最初のHIPHOPサイボーグが誕生した。

現在とはまた違う形で様々、個性的なアーティストたちが跳梁跋扈していた
ヒップホップシーンに興味を持った彼はそれに関わる音源や文献を
瞬く間にインストール、某T大卒のIQの高さ、ルックスの良さに加え、
ドライヴィングテクニック、貪欲なまでの知識探求とセンスの良さで
たちまちHIPHOPサイボーグとしての地位を確立した。

当時の彼の口ぐせである“ソレハヒップホップデスカ?”
この言葉を事あるごとに周囲に、そして自分に問うてきた四半世紀。
目まぐるしく変化する環境と進化し続けるヒップホップ
恋人とのヒップホップとは?
家庭におけるヒップホップとは?
仕事への関わりとヒップホップとは?
子どものためのヒップホップは?
友人と過ごすヒップホップは?
哲学的な問いをマイコンピュータ(頭脳)のメモに何度も打ち込んでは消し、
検索バーに様々な言語で検索をかける。
デフラグをかけ、ハードを増設し、OSをアップデートする日々幾星霜。
ver.はいくつになったことだろう。

私に言わせれば答えはもうとっくにでている。
彼の手にかかれば全てがヒップホップとなることを
どんな服も彼が身につければヒップホップとなる。
どんな言葉を発しても、どんなネタも彼がこすればヒップホップに。
どんな音源も彼がかければヒップホップとなるのだ。

国産らしく、デフォルトで『K.E.N.S.O.N』とプログラムされている彼のことだ
そのような答えには一生たどり着けないであろう。
そんな彼の4年ぶりの新作ミックス、
”BLUEMOON”
ブルームーンとはとても珍しい自然現象のことらしいが、
常時、ブルーライトの点灯している悲しきサイボーグの目には
月が今宵も青白く輝いていることだろう
トリセツによると彼のプレイには場の温度、湿度を上昇させる機能があるという。
効果を存分に発揮させるため、寒く乾燥した冬の季節に発売したいという要望があったのだが、
わたしの都合で季節のうつり変わる時期となってしまった。
彼には理解できないだろうが、生身の人間にはよくあることだ。

わたしもふくめ、首の上を長くして待っていたであろう
全てのヒップホップファンに捧ぐ、
最良の音源が完成した

SUPER D
--------------------------------------------
BLUE MOON / DJ SEROW
bm-jkt-01.jpg

artist : DJ SEROW
title : BLUEMOON
cat.NO. : MNMCD-057
price : 1400yen(TAX IN)
label : midnightmealrecords
release : 2019年3月20日発売


MNM Blue3部作の最終章、
その名も『Blue Moon』をDJ SEROWがリリース。
深夜?明け方にフィットするように構成された、SEROWがこだわる一定のサウンドカラーでHIPHOPとR&Bを紡ぐ、揺めきと寛ぎと微睡みのために作られたMIX。
ちなみにひと月のうちの2回目の満月のことを『Blue Moon』と呼び、その現象が珍しいことから「滅多にない」という意味で用いられる。
この「滅多にない」ミックスで「滅多にない」時間をゆっくりお楽しみ頂きたい。

------------------------

Blueシリーズとして作られた3作目。
今回はDJ SEROWが担当しています。

月って言うとみんなはどんなイメージを持つだろう?
妖しさ?奇妙さ?もしくは不気味さだろうか?
例えば満月は人の心を狂わせる
なんて言われたりするようで。

このmixはそんなイメージとは真逆で
人の心を柔らかくしてしまう効果があるみたい。

時代も場所も混ざってるけど
現行のHIP HOPとR&Bの境目が分からなくなった今聴くと新鮮に入ってくる。

怠惰であったり、吐息混じりであったりの夜も、
優しさに包まれ、甘美な雰囲気で
ミラーボールの代わりに月明かりが良く似合う曲の数々を堪能できる事でしょう。

- El Toro

---------





  1. 2019/03/19(火) 11:35:13|
  2. mid night infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

bugdat&daiche

Author:bugdat&daiche
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる